巨大食道症

e0285723_23114798.jpg
これがびっくの食道なんです。素人が見ても太いってわかりますよね・・・










口から入った食べ物は胸の中の食道を通って胃に入ります。
食道は蠕動運動という筋肉の収縮運動をして食べ物を胃のある方へ運びますが、
この部分の筋肉が伸びて、食べ物をうまく運べなくなることを巨大食道症といいます。
びっくはまさにこれです。

通常のワンコの食道と比べると、3~4倍は太くなっているそうです。
このレントゲンは東京に来る前に島根の病院でバリウムを飲んで撮影しているのですが、
普段では撮影できない写真になっています。
なぜならバリウムを飲み込んだらすぐに胃に運ばれてしまうのが普通だからです。
びっくの食道は筋肉が伸びきってしまい、バリウムを飲んだ24時間後もまだ
食道にバリウムが残っていたそうです。

食べ物が食道に溜まって胃にうまく運び込まれないので吐いてしまうのが主な症状で
胃に入ってるモノを吐くのではなく、食べたモノをすぐに吐き出す「吐出」が特徴です。
食べても食べても吐いてしまうので痩せていってしまい、吐いたモノが肺に入って
ごえんせい肺炎を引き起こす恐れもあります。

びっくは少し違います。食べたモノも少し吐きますが、食道の粘膜を頻吐くことが多いです。
吐くことが多いので粘膜が取れてしまい、酸性の胃液も混ざっているので食道が荒れ
食道炎と思われる血が混ざった茶褐色の液体も吐いたことがあります。

びっくの巨大食道症は先天性のものと思われます。
小さい頃から吐いていたらしいことは、びっくの里親募集していたラン姫ママさんから
聞いていたし、びっくが島根で診てもらっていた病院の先生からも聞きました。
亡くなられたびっくの前の飼い主さんは、よく吐くことを巨大食道症だとは思わなかったのでしょう。
吐くことに対しての来診は今までなく、島根の先生も今回の件で調べた結果で驚いていた様です。

対応としては、食べやすく胃に送りやすい流動食が適当で、階段式の台に乗せて食べさせたり
普通に食べさせた後に15~30分縦抱っこして食べ物が胃に入るようにするのが理想みたいです。
外科的に緩んだ部分を取り除いたり、胃にチューブを通して直接流動食を流し込む方法もあるそうですが、
決定的な治療法は今のところなく、完治することのない病気です。
ただ症状が進行しないように飼い主の毎日のケアが必要になってくるわけです…。

なかなか厳しい現実です。(苦笑)





びっくも体重が9.5kgから9kgに落ちて、ガックシしております・・・(笑)
e0285723_0243318.jpg

吐いてばかりで食道炎を防ぐためこれを処方して緩和。スクラルファートです。e0285723_0565628.jpg

ご飯は相変わらず流動食っぽいおじやとか・・・。これはパン粥e0285723_027467.jpg

食べた後は15分ほど縦抱っこ・・・e0285723_0291229.jpg

その後はしばらく安静に。ケン坊が余計なちょっかいだしてますが・・・e0285723_030139.jpg

解放されたらゴロンゴロン・・・e0285723_0394331.jpg







病気は重いですが、それ以外は問題ないんですよ。
吐いちゃうけど食欲はあるし、散歩も元気に行きますよ~。
軟口蓋過長症なんだけど、涼しい朝夕の散歩はクールタイなしでもゼーハーしないし
そんなに息も乱れてないんです。






それでは散歩風景を・・・





それから、びっくはすでに東京都民ならぬ都犬になっております・・・(笑)e0285723_0504042.jpg






ポチっ!とな。
フレンチブルドッグひろば
by bick0705 | 2012-08-12 01:02 | びっくのこと | Comments(3)
Commented by 摩耶 at 2012-08-12 15:36 x
わぁ東京都の鑑札、かわいー!!いいなぁ。でも入る鑑札ホルダーがないですね、これだと(笑)
もっともうちのふうさんの鑑札なんて、大左エ門がカミカミして歪んでしまってますし、文字も薄くなってかろうじて読める程度になってしまいました。

びっくは、元の飼い主さんが元気でいらしたときは、そこまで痩せていなかったので巨大食道症に気付けなかったのかもしれませんね。
2年ほど前につくしちゃんがお嫁に来た頃の写真なんぞを見ると、しっかりした身体をしているし手足の先もこんなに赤茶けてなくてキレイですから。
元の飼い主さんが亡くなって急に痩せてしまっているようなので、食道炎がよくなれば、もう少し体重も戻ってくれるかな。
また体重が少し減ったのは、ドッグフードから手作りになった影響もあるかもしれませんね。手作り食は、量があるようにみえても水分を含んでいる分ドッグフードより痩せやすいと思いますから。なので、その500gの減はあまり気にしなくてもいいような気がしますね。
Commented by bick0705 at 2012-08-13 13:38
>麻耶さん
犬鑑札は確か3年くらい前に普通の小判型から今の形に変わってましたね。
でーぜーもんがふうさんのをカミカミですか?噛み応えがいいでんすかね~。

そうなんですよ。2年くらい前の写真は健康そうに毛並みの色もキレイだったのに、何があそこまで色を変えたんでしょうねえ。
痩せ始めたのも今年からだというし・・・。急に痩せたのは飼い主さんが亡くなってからでしょうけど・・・。
スクラルファートと縦抱っこでなんとか吐く回数は減らせてるので、効果はあると思います。
まず一カ月は様子見です。
Commented by jasmin at 2012-08-30 16:59 x
はじめまして。うちの子も巨大食道症です。(ブリンドル柄パイド3歳♂)
生後6か月頃、巨大食道症が発覚しました。発覚したときは本当に驚き、病気を調べれば悲しく暗い気持ちになりました。
食餌はふやかしたドックフードをミキサーでペースト状にして1日4回に分け、前足をテーブルにつかせて食べさせ、食べた後は同じように抱っこ。吐出のことも考え、高カロリーのドッグフードを与えたり。
でも食餌さえ気を付けていれば吐出も少なくなりますし、あとは至って元気です。(体重は11.5キロ)
けど最近まったくドッグフードを食べなくなってしまい、これじゃぁいくら高カロリーフードをやっても本末転倒なので、思い切って手作りごはんに切り替えました。おじや状態なら食べられるし、本人(犬)も喜んで食べてくれます。
たしかに、体重は減ってしまうかもしれないですが、調整もできますからね。
あと、意外なことだったんですが変えてから吐いてません。
ドッグフードより食道の通りがいいのかもしれませんね。
(ちなみにゴマなどのつぶつぶは厳禁です。吐き出したら止まらなくなる恐れあり)
気を付ければ大丈夫ですので、長寿犬を目指してお互い頑張りましょうね。


なんだいかな~此処は・・・


by bick0705

画像一覧

カテゴリ

びっくのこと
キャンプ

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 05月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月

最新の記事

星になりました・・・
at 2016-12-29 12:44
今の状況…
at 2016-11-01 15:02
日常…
at 2016-09-15 10:38
富津にて
at 2016-05-07 17:46
果樹園にて
at 2015-10-05 13:07

お気に入り

最新のトラックバック

その他のジャンル

画像一覧